素敵エピソード!昔聞いてた主人の声が聞こえてきた

補聴器で取り戻した夫の声と楽しい食事の時間

<夫婦 70代>
夫との定年後、普段より少しきちんとした装いで月に一度外食することが夫婦の楽しみだったご夫婦。奥様の聞こえが悪くなってからは会話が上手く成り立たず、声が大きくなったこともあって外食を控えるように。

月一回の楽しい時間もケンカの種に

外出も楽しめなくなり

何よりも楽しみにしていた月に一度のお食事ですが、きこえが悪くなって大きなテーブルなどに通されると会話がしにくく大きな声を出しているつもりはないのですがついつい大きくなっていたみたいで主人に注意される始末。

その時周囲の気持ちは? はじめての補聴器 補聴器の使い方について

そんな時、メガネ購入に訪れた愛眼で補聴器を体験

一緒に居ても楽しめない

全ての音が拡大されるのではなく不自然さのないメリハリあるきこえで大変驚きました。

その時周囲の気持ちは? はじめての補聴器 販売店での補聴器アドバイザーとは

まさか!毎日聞いていたはずの夫の声が若いころのよう

恰好がつかない

補聴器を付けると夫の声が若いときの声にそっくりで、毎日聞いていたはずなのにきこえの衰えとともに低い音しか聞こえていなかったようで、難聴は人によって聞こえ方が違うと店員さんが教えてくれました。私は高音が苦手らしく、それに合わせた調整をしたことで、主人の声が昔の声に聞こえるようになったのです。

その時周囲の気持ちは? 補聴器の使い方とメンテナンス アフターケアの重要性

きこえを取り戻し、外食も再開

外食も再開

途絶えていた月に一度の外食も復活し、楽しく会話ができるようになりました。

その時本人の気持ちは? 愛眼で補聴器購入を検討する 長く快適に使い続けるために

補聴器の可能性を感じてください。

補聴器はただあなたの「きこえ」をサポートするだけの機器ではありません。
きこえる事で豊かになる世界があったりあなたのきこえを通して生活をサポートするものです。

※きこえが気になりだしたら個人の判断に任せるのではなくまずは専門医に相談することをおすすめします。