「わからない」を減らせば一歩を踏み出せる

補聴器購入は、相談>測定>購入orレンタル>アフタケアという項目があります。

補聴器購入において不安に思われることはどういったことでしょうか?
色々あるかと思いますが、販売店に出向いてもどういった手順で補聴器購入に至るのかということも知らないと不安ですよね。
ここでは補聴器販売店で行う「測定」の部分も細かく説明しながら補聴器購入流れを知っていただきたいと思います。

愛眼の補聴器 購入前の測定

測定

店舗に来られて行う検査内容はこういった内容です

①受付

お客様のお名前などを頂きます。
また、どういったことでお困りかを伺い補聴器購入のお話を進めて良いか判断させていただきます。

②問診

きこえや耳の状態についていくつかの質問をさせていただきます。

③聴力測定

ヘッドホンのような機器を使用して聴力を測定いたします。
どちらかの耳に片寄った聴き方をされている可能性がある場合は再度測定を行う場合もあります。

④聞こえのテスト

言葉の聞き取りテストです。音をことばとして認識できているかなどを拝見させていただきます。
スタッフの言った言葉を聞こえた通りに真似をしていただきます。

⑤視聴(補聴器を実際につけて)

ここでやっと補聴器を体感頂きます。
③④の検査での結果を補聴器を付けた状態で確認いただきます。

⑥補聴器をつけてのきこえのテスト

補聴器をお客様のきこえに合わせて細かい設定を行います。

⑦2週間お試しレンタル OR 機種選定

愛眼では2週間お試しレンタル(有料)を実施しており、まずは購入いただく前に生活していくうえで必要そうかを体感していただけます。


補聴器2週間レンタル

⑧アフターフォロー

再調整、修理、クリーニング等(お買い上げ1週間後、以後月1回程度)

気になるけど測定などが不安という方は検査内容についてお気軽に店舗スタッフへお声掛けください。

はじめて補聴器をお考えなら アフターケアは大切です

店頭あるある(店員さんの声)

店頭あるある

【補聴器を試して気付く自分のきこえ】
普段の会話でも比較的大きめの声でゆっくり話すと聞き取れるが、少し離れるとあまり聞き取れない状態は聴力レベル40~70dB は中等度難聴とされています。きこえると思っていてもきこえの衰えが進んでいたことに補聴器を使用してみて驚かれる方は多いです。

【購入までの回数】
補聴器購入は最短で当日に決定、多い方は10回、20回通って決定されます。生活に密着していくものですので、一度持ち帰ってご家族と相談されるなどじっくり考えていただきたいと思います。


愛眼の商品情報ページへ 販売店を探す

小さな不安から取り除いてみましょう

小さくても体に密着する補聴器は抵抗を持ちやすいものです。
不安な部分を減らすことでその壁はググッと低くなります。
わからないものを分からないまま検討しても話は進みにくいもの、プロに話を聞く事もおすすめです。ぜひ店頭までおこしください。

※きこえが気になりだしたら個人の判断に任せるのではなくまずは専門医に相談することをおすすめします。

※この記事は愛眼株式会社のケースを基に作成しています。